注意が必要になる

目の周りのスキンケアの注意点

どんな人でも年を取ると目の下のたるんできます。目の下のたるみは普段の間違ったスキンケアでも起こります。目の下をパッティングしすぎたり、マッサージしすぎたりすることで皮膚にたるみが起こります。目の周りの皮膚はとても薄いので、マッサージのしすぎは禁物です。アイクリームを塗る場合は、皮膚を刺激しないように優しく塗り込むようにするのがこつです。 目元の皮膚は特に乾燥がひどくなりがちなので、しっかり保湿をすることも大事です。目元専用のシートパックを使用したり、コットンに化粧水や美容液を含ませて目元に5分程度置いたりすると潤いが戻ります。また、目を閉じてホットタオルを5分間上に乗せると目元がすっきりします。

美容整形でたるみを取る

目の下のたるみがひどい場合、美容整形をすれば改善できます。目の下のたるみ取り手術には、ヒアルロン酸注入、フェザーリフト、リフトアップ手術、サーマクールやフォトフェイシャルなどがあります。目の下のたるみがそれほど深刻でない場合は、ヒアルロン酸がお勧めです。ヒアルロン酸を注射するだけでたるみ取りができます。 目の下だけではなく、顔全体のみたるみ取りをしたい場合はリフトアップ手術やフェザーリフト手術がお勧めです。リフトアップは皮膚をひっぱって余った部分を切除するのでしっかりリフティングできます。フェザーリフトは顔の中に特殊な糸を埋め込み、内側からたるみを引締める手術です。メスを使用しない切らないたるみ取り手術として人気があります。