加齢で眼球が下がる

切らないたるみ取り治療を受ける人が増えそうです

加齢によって眼球を支えている筋肉が衰えてしまうと、眼球の位置が下がって、眼球を覆っている眼窩脂肪が圧迫されてしまうようになります。圧迫された脂肪は次第に前方へ押し出されていくのですが、これによって目の下の皮膚が膨らんでしまうようになります。年齢が高くなると筋肉だけでなく皮膚も衰えてきますので、前に飛び出してきた脂肪をしっかりと支えることができず、下に垂れ下がってしまうようになります。その結果、目の下の皮膚がたるんでしまうのですが、この症状が起きると見た目の印象がグッと老け込んでしまいます。従来は、目の下の膨らみを作っている眼窩脂肪を切除するというたるみ取り治療が主流になっていましたが、最近では切らないたるみ取り治療を受ける人が増えてきました。切らないたるみ取り治療には様々な種類のものがありますが、今後は切らないたるみ取り治療を受ける人が増えるだろうと考えられています。

切らない治療を受ける際の注意点について

いくら若返るためとは言え、痛い治療を積極的に受けたいと考える人はまずいません。できれば、痛みや腫れの心配がない、できるだけ楽な方法で治療を受けたいというのが正直な気持ちです。そのため、切らない目の下のたるみ取り治療を受ける人の数が多くなってきているのですが、特に高い人気を呼んでいるのが高周波の力を利用したサーマクールアイという名前の治療です。わずか30分程度、目の下に高周波を照射するだけで気になるたるみをしっかりと改善することができるため、多くの人が治療を受けています。高周波を照射することによって皮膚本来が有していたコラーゲン生成力が活性化されるため、肌が内側からしっかりとリフトアップされます。ただし、概ね半年程度しか治療効果が持続しませんので、効果を長持ちさせるためには、定期的に高周波の照射を受ける必要があります。